風営法解説ページ
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法、風適法)
風営法解説
1. トップページへ

リンク
行政書士雨堤事務所

行政書士雨堤孝一事務所

大阪市北区梅田1丁目1番3号
大阪駅前第3ビル0251

TEL:06-6344-3481
FAX:06-6344-3482
手続のご依頼やご相談は
随時承っております

法2条13項4号 深夜飲食店営業 一部届出制

法2条13項4号の定義

設備を設けて客に飲食をさせる営業で食品衛生法第五十二条第一項の許可を受けて営むものをいい、接待飲食等営業、店舗型性風俗特殊営業、特定遊興飲食店営業に該当するものを除く。
この定義により直接的な規制等は然程存在しないが、風営法内の飲食店関連営業における用語の基礎となる。なお、この定義は風営法上のものであり食品衛生法上の定義とは異なる。

法2条13項4号の規制等

風営法上の飲食店に定義された場合でも直ちに届出等の義務は生じないが、一定の条件になった場合には届出義務が生じる。
また、飲食店営業に関しては法32条3項の規定により午後10時から翌午前6時までの年少者立入規制等が適用される。

飲食店営業の派生

「飲食店営業」
・法2条13項4号の定義
・午後10時以降の年少者規定が一部適用される。

「深夜」+「飲食店営業」(深夜飲食店)
法32条の適用を受け、構造基準やその他規制が適用される。

「深夜」+「飲食店営業」+「酒類
法33条の適用を受け、営業開始10日前までの届出義務が生じる。




大阪 行政書士雨堤孝一事務所

Copyright (C) 2010 風営法解説All Right Reserved.